活動報告

開催日:2016年7月11-13日(月-水)

カテゴリ:

ハワイ大学SimTikiシミュレーションセンター日本人研修医向けトレーニングコース”SimPLE” 研修報告①

秋田赤十字病院 初期臨床研修医2年目

長谷川 諒

 

 

オススメのハワイ研修

 

 はじめに,今回の研修を企画してくださった長谷川教授,引率してくださった守時先生,佐藤さん,現地でご指導くださったBerg先生,他多くの先生方に感謝の意を評します.大変有意義な研修をさせて頂きました.私の報告書は,1.後輩たちへ,2.研修内容について,3.まとめ・事前予習についてという形で書いていこうと思います.やや研修内容の報告が薄くなってしまったので,詳しく知りたい方は一緒に行った佐藤先生や渡部先生の報告書を御覧ください.

 

1.後輩たちへ

極論と言われるかもしれませんが,研修日にのっぴきならない用事がある人以外は,参加したほうがいいと思います.それだけ価値のある刺激が受けられると思います.将来海外で働いてみたいと思っている,反対に絶対日本で働きたいと思っている,というのはあまり関係がないような気がします.この研修を通じて,米国の学生や研修医がどのような教育を受けてきているかを体感したり,米国の医療制度の実情が聞くことができたりと普段の研修医生活では絶対できないことが経験できます.これは将来米国で働きたいと思う人には必須だと思います.ずっと日本で働きたいと思う人も,この事を知らないと,自分が今どれくらいのレベルなのか分からず,井の中の蛙状態です.更に日常診療で海外の人を受け持つことが今後出てくる可能性もあり,我々が今後求められるものというのはハイレベルなものとなると思います.また,IT技術の発達によって,誰でもできるような作業はどんどん機械に置き換わっていきます.だからこそ,ほかの人が受けたことない研修を受けて,自分の幅を広げる必要があります.勘違いしてほしくないのが,米国の医療が最高!!で,すべてそれを真似ればいいというわけではなく,教育・制度の違いを知ることが自分の将来のためになるだろうということです.ちなみに英語については,講義・実習は英語が基本ですが,適宜通訳もお願いできますし,生活は日本語でほとんどできますので,そこまで神経質にならなくてもよいと思います.

 

2.研修内容について

 7月11-13日の3日間の研修を行ってきました.参加者は秋田,長野,広島,熊本からの総勢14名でした.各県3-4名で1-3年目の医師でした.1,2日目はハワイ大学でシミュレーションを使った研修,3日目はCastle Medical Centerでの病院見学でした.シミュレーション研修では,事前に講義があったあとシミュレーションで実践をするという形になります.実習にかなり重点が置かれており,得にシミュレーション後のDebriefing(デブリーフィング:つらい経験を克服する方法という日本語訳しかないですが,教育現場では『振り返り』以上の意味を持つものとして使われる)では,ファシリテーターの先生と一緒に「やってみてどうだったか」「どんなことができたか」「どこをよくすれば更によくなるか」などをディスカッションして,最後に一人ひとり感じたことを一言にまとめて言います.ポジティブな振り返りになるので,次のシナリオへのやる気につながります.

 

Debriefingの様子>

 

3日目の病院は160床で常勤医師が127人規模で,ER+入院という形でした.病室やERの様子を見ることができたり,実際に働いている医師の話を聞いたりできて,日本との違いを知ることができてよかったです.実際の病院を見ると,病室の患者ボードが設置してあり,今日の目標など患者さんが退院に向けてどのようなことをしなければならないかを明確にわかるのは非常に良いと感じました.

 

<病室見学と患者ボード>

 

 

3.まとめ・事前予習について

 今回の研修は非常に有意義な時間でした.是非後輩の皆さんにもこのような研修の機会があることを願うばかりです.ちなみに予習としては,AHABLSACLSがあると少しは役立つかもしれません.PALSはまだ受けていなかったのでなんとも言えませんが,あると便利かもしれません.ただ現地でも講義で「子供への対処は大人とほとんど変わらない!」と教えられます.

以上で研修の報告を終わります.最後にこのような素晴らしい機会を与えて下さった方々に重ねて感謝申し上げ,研修の報告とさせて頂きます.

なお,質問などあればいつでもお答え致しますので,長谷川までご連絡ください.

 

●2016年ハワイ研修”SimPLE” 研修報告②はコチラ

●2016年ハワイ研修”SimPLE” 研修報告③はコチラ

 

Facebookページ