活動報告

カテゴリ:

キャリアカフェ

日  時  平成30年9月10日(月) 18時~20時

場  所  秋田大学医学部 公衆衛生学講座セミナー室(基礎研究棟1階)

対  象  医療に従事されるすべての方

参加費  無 料

主 催 あきた医師総合支援センター

共 催 秋田県医師会

3回目の開催となるキャリア・カフェ。

医療に従事されるすべての方が将来のライフスタイルやキャリア形成を思い描けるよう、

秋田県内で働く先輩と語り合う場として

12名(医師7名、医学生4名、その他の職種の方1名)と

たくさんの方が参加してくださいました!

今回は、ミニレクチャーの講師をしていただいた野村恭子先生が定期的に開催している

医学論部を批判的に吟味してエビデンスの質について勉強する会

『ジャーナルクラブ』とのコラボでした!

1.ジャーナルクラブ

「HPVワクチン被害と病者除外バイアス」

講師:秋田大学医学部医学系研究科

___ 公衆衛生学講座 教授 野村 恭子 先生

2.ミニレクチャー

「帝京大学における研究者支援について」

講師:秋田大学医学部医学系研究科

___公衆衛生学講座 教授 野村 恭子 先生

 野村先生について

 臨床医から公衆衛生学へ転向した経緯

 女性医師支援を始めたきっかけ

 どのように活動の幅を広げていったのか

 女性医師の就労形態の調査・結果

 帝京大学における取組・環境整備・研究者能力向上支援について

 職場でのハラスメントについて 

3.フリーディスカッション/懇親会

美味しパンやコーヒーを味わいながらのトークタイム

 終始、穏やかな雰囲気で

 参加された皆さんが会話を楽しんでいたように

 見受けられました。

 以下、アンケートから感想を抜粋いたします。

 参加くださった皆様、ありがとうございました。

・最近話題のハラスメントの話から、大学院の話まで盛りだくさんで勉強になりました。

女性でも育児・臨床と両立させながら博士も取れるということが知れてよかったです。研究の分野にも興味が湧きました。

・ダイバーシティ支援について関心があり、女性医師支援事業について男性医師を巻き込む形で展開したいと思っています。先生のお話を参考にさせていただければと思い参加しました。また参加させていただきたいです。

・帝京大学での先生のパワフルな活動を興味深く拝聴しました。刺激のある内容でした。また機会があった参加したいです。

Facebookページ