女性医師支援

はじめに

女性医師の支援体制について

現在、秋田大学医学部の女子医学生の割合は4割を超えています。当然ながら、卒業していく新女性医師数も増加しています。厚生労働省の平成20年の調査によると、女性医師数は全体の18.1%となっており、特に29歳以下では36.2%を女性医師が占めます。
一方、仕事を中断(休職)、離職したことのある女性医師は39.2%。そのうち7割において出産が契機になっています。出産における離職期間は1年~2年未満が18.3%ですが、3年以上も10%を占めます。
このように、特に女性医師の妊娠・出産・授乳・育児時期における労働環境を整え、いかに勤務を継続できるかが、女性がスムーズに働いていく上で重要であることはご存知のとおりです。

支援の幅が広がりました!

女性医師支援というと、女性だけの問題のように考えてしまいます。しかし、実際には男性でも健康問題や介護問題を抱える方が増えることが予想されます。つまり、勤務医全体の問題ととらえることが不可欠です。

女性医師の勤務先である病院はもちろんのこと、大学、自治体、医師会、学会はそれぞれ独自の支援を行うだけでなく、情報を共有して、お互いに連携し実効性のある支援を展開していく必要があります。
今回、あきた医師総合支援センターができたことで、県と各病院が連携しながら、県内の医学生・医師のキャリア支援、勤務環境整備、女性医師支援を進めていけることになりました。

ご相談はお気軽にどうぞ!

進路や働き方に悩んでいませんか?
子育て、介護、健康問題など、ひとりで抱え込まずにご相談ください。
女性医師を部下にもつ、指導医の方からのご相談なども受け付けております。

女性医師支援のフェイスブックページについて

女性医師支援については、
秋田大学医学部総合地域医療推進学講座(医療人育成部門)のフェイスブックページでも情報を発信しています。

Facebookページ